TAG SAYA PRODUCTS

エロ漫画人妻 矯正下着の母親が息子の初夜稽古に付き合う話。

世帯数が100と少しという古い村。
この村では各家族同士で縁組が行われるが、子作りを果たせる組み合わせかどうか、事前に初夜をとり行うという風習がある。縁が組まれれば結婚。不具合があれば蝋燭が帰ってきて縁は切れる。

舞台は旧家の鬼首家。
一人息子の正彦は何故か縁切りが続いている。それほど男ぶりは悪くないにも関わらず、帰ってきた蝋燭の数は100を超えている。このままでは鬼首家の血筋が絶えてしまうと危惧した当主の大婆は義嫁であり正彦の母親である鬼首小百合にその原因追及を依頼する。

方法はゲネプロ。
つまり今まで正彦が行ってきた初夜に付き合い、その原因を追究せよというものであった。

鬼首家に嫁いで以来未亡人として籍を置いていた小百合だが、依頼の内容が内容だけに躊躇する。平たく言えば近親相姦をして確かめろというものであるから無理もない。しかも未亡人となってこの方もう人に裸を見せるということはないと多可をくくっていたため、ボディーケアもそこそこに矯正下着でごまかしていたこともあるのだが…

結局思い切って正彦と肉体関係を結ぶよう手はずを整えてきた小百合だが今まで隠されてきた正彦の秘密が徐々に明らかになってくる。

小百合の努力で鬼首家の血筋は絶えるのか。それとも…

モノクロ72ページ(表紙、奥付込み)

エロ漫画人妻 お母さん美津子 人妻レズ不倫

ママ友会で出会った素敵な主婦と同性愛にはまってしまった美津子さんの話。

いつものように家事に勤しむ美津子さんだが、掃除の最中にママ友会の時の写真を見つける。生活感を感じさせない素敵な主婦にほのかに寄せていた憧れを思い出す。友達になろうと約束はしていたものの、やはり住む世界が違うのではと思い出にとどめようとしていた美津子さんだが、思いもかけずその主婦が遊びに来てくれたのである。
有頂天になる美津子さんだがその主婦には美津子さんに会いに来る目的があった。愛の告白である。お互い違うタイプの女性として意識をしていた二人だがいつのまにか友達を通り越して肉体関係を結ぶように。

こんなところを家族に見られたら、それこそ母としても妻としても今後の生活自体が終わってしまう。戸惑いながらも思わぬ同性愛にはまっていく美津子さん。そして主婦には人妻不倫に走らねばならない理由が…

◯フルカラーCG123枚

エロ漫画人妻 ママとぬるぬる風俗ごっこ

どこにでもある一般家庭。
どこにでもある諸事情。息子の受験ストレス、光熱費の高騰、主婦のやりくり。あまり出来の良くない息子を持った母親は切ないもので、少しでもそのストレスから解放してやりたいと、特別にお小遣いを渡して色町へ遊びに行くのを黙認していた。しかしここにきての光熱費の高騰が家計を強烈に圧迫してきてとてもじゃないが今までのように息子にお小遣いを渡すことが出来なくなってしまう。
正直にそのことを息子に伝えると意外にも息子は建設的な提案を出してきた。

「ママが風俗嬢の代わりを務めてくれるならそれでいい。」

実は息子がお気に入りの風俗店は母子相姦専門の熟女風俗で、リアルに母親とエッチなイチャイチャが出来るならその方がいいと思っていたのだ。
選択肢はない。覚悟を決めた優子ママは慣れない手つきで風俗嬢のまねごとを始める。

「これはあくまでごっこだからね。風俗ごっこ!」

フルカラー30ページ(表紙、奥付込み)
ストーリー
文字なし
おまけ画像(数点)
※背景の一部にAI機能を用いたコマもあります。ご承知おきください。

エロ漫画人妻 ゴミ部屋息子との性生活が習慣化しているお母さんが、思わぬ性感帯を開発されてしまう話。」

ゴミ部屋に引き籠る駄目息子に、自分の肉体を提供することで社会復帰のきっかけを探っているお母さんの話。

受験に集中するために一人暮らしをしている息子。そして世話を焼きに訪問する母親。だが、その足取りは重かった。
いつものように合鍵で入るが、玄関で一目でわかるゴミの山。いわゆるゴミ部屋である。
せめて換気をしようと入室する母親をゴミ山に埋もれた布団の中から息子の手が伸びてきて母親を布団に引き込む。

「わかったから…乱暴にしないでよ。自分で脱いでそっちに行くから少し待ってて。」

布団の中で全裸で待ち受けている息子をあやして、同じ布団に入る。そう、この状況と関係は習慣化しているものなのだ。
いつものように息子に身を委ね、性処理用の肉体として提供する。この息子にとっては、たまに様子を見に来る母親の肉体は、性処理用の道具なのだ。
息子の状況がわかるだけに、身を任せて自分もそれなりに「イク」ことで、これまできたのだが、今回はいつもとちょっと違う。

息子のセックスの技術が上がっているのだ。

全身をくまなく同時に愛撫する「何点責め」に不覚にも本気でイってしまう母親。息を切らせながらそれとなく息子に尋ねるが、息子にはその意識がない。それでも自分の身体には息子の指らしき愛撫の感触が残っているというのに。そう今もそれは続いている…

不思議に思い、ふと見ると下着の隙間から何かが出てくる。ゴキ〇リやゲジゲジ(?)のようなゴミ部屋に潜んでいた虫たちが、息子と一緒に自分の身体を愛撫していたのだ。

「そ…それじゃあ、お母さんは今まで…虫にイかされていたのっ?」

当たり前のように害虫との共同生活をする息子を救うために、母親は大を決意するのだが…

※本作品には蟲(ムカデ、ゴキブリ)らしきものが出ますので苦手な方はご購入をお控え下さい。

◯コミック67ページ

エロ漫画人妻 初めての近親相姦。お母さんと息子の初夜はグダグダだった話。

お便り雑誌「主婦の恥じらい」に送られてきた読者からの相談。
清水和恵さん(34歳・主婦)

【相談内容】
「 実は今夜、訳があって息子と肉体関係といいますか…セックスをすることになってしまいました。近親相姦の是非については色々あろうかと思いますが、やむを得ない事情とお察しください。

問題はそれ自体よりも、私自身の性癖についてなのです。人一倍感じやすいというか、ことに至るとついつい夢中になってしまい大声で喘いだり、悶えたり。恥ずかしながらこの歳になっても自制がきかず、そんな姿を目の当たりにした息子にこんな母親だったのかと呆れられてしまうのではないかと
心配です。何か良い方法はないでしょうか?」

一般家庭の主婦は表ざたにできない様々な悩みを抱えているもの。
このお話はやむを得ない事情から、息子に身体を許すことにした母親の物語ですが、母親本人にも近親相姦に対しての強い抵抗感と同時に、セックスに対してのコンプレックスがあります。それらを踏まえた上で何とか頑張るどこにでもいそうなお母さんのお話です。

※前作「ゴミ部屋息子との性生活が習慣化しているお母さんが、思わぬ性感帯を開発されてしまう話。」の性生活が習慣化してしまう事情を描いた話ですが、今回、虫は出てきません。

◯コミック71ページ(表紙、奥付は除く)

エロ漫画人妻 ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。

お便り雑誌「主婦の恥じらい」に送られてきた常連読者からの相談。
清水和恵さん(35歳・主婦)

【相談内容】
「大至急のご回答お願いします!
我が家では、母親と息子の肉体関係が日常化しております。

理由は引き籠りの息子を社会生活に導くための呼び水になればと考え、あくまでもセックスではなく、「母親の務め」と捉えて日々息子の性処理を行っていますが、ここにきて私の体調に変化があり性的敏感症。いわゆる多淫症という症状をかかえるようになりました。そのため息子の愛撫を必要以上に敏感に感じうけ、結構激しいセックスになっています。

その弊害は私生活全般におよび。一度セックスに入ると、自信のコントロールが利かなくなり、跳ねるように身悶えたり、大声で喘ぎ声を出したり。その声は家の外まで響き渡り、ご近所から苦情がくるほどです。

今もお風呂場でその務めの最中なのですが、母親の方が先にイってしまう瞬間です。間違いなく大声で喘いでしまうと思いますが、そんな時に限って、
何も知らない夫がうっかりお風呂場に入ってこようとしています。

大急ぎです。何とかなりませんでしょうか。」

一般家庭の主婦は表ざたにできない様々な悩みを抱えているもの。
このお話は引き籠った息子の社会復帰に協力したために、自分も性的障害を患ってしまい、どちらも問題を抱えた母子が肉体関係を通して送っている日々をあがいたものです。

※前作のお話で、悩みながらも近親相姦を受け入れた結果。家庭の日常はこうなったという続きのお話です。

◯コミック71ページ(表紙、奥付は除く)

エロ漫画人妻 禁断の愛 母子交尾の鎮魂歌

「禁断の愛 母子交尾の鎮魂歌」

石原綾さん(36歳・主婦)

息子の学校での単位、体育の出席日数が足りない。先生からは夏休みのラジオ体操に真面目に出席すれば単位に追加してくれるという配慮をもらっている。真面目な息子をこんなことで留年させるわけにはいかないため、母親はラジオ体操に向かわせようと起こしに行く朝から物語は始まる。

息子の体育の出席率には身体的な事情があった。人一倍大きな一物を持っている息子はジャージを着ると誰よりも勃起した男根が目立ってしまい思春期の息子にとってはそれが嘲笑の種になることがたまらなかったのだ。

事情を知った母親は息子を救うため、戸惑いながらも性処理の役目を引き受ける。もちろんセックスは禁止であるが…

ただ息子には母親に隠していたもう一つの秘密があった。
それは一つ屋根の下に住んでいる実の母親を女として恋慕っているということ。性処理を引き受けてくれる母親とスキンシップが進むにつれて、息子はとうとう本音を告白してしまう。

「僕はお母さんのことを女として愛してしまったんだ!」
「いけないわ!私たちは親子なのよ」

戸惑う母親。必死に懇願する愛する息子。母としての愛情と女としての悦びの狭間で揺れる背徳感。このままでは禁断の母子性愛に堕ちてしまう。

母と息子の関係を越えて愛し合う親子の結末はどうなるのか!

◯コミック71ページ(表紙、奥付は除く)

エロ漫画人妻 二度目の近親相姦。○供部屋おじさんと家庭内不倫をすることになったお母さんの話。

●●部屋おじさんを息子に持ったお母さんが息子の執拗なアプローチに根負けして二度目の肉体関係をもってしまう話。

現代の日常でも近親相姦の事例は意外とあります。もちろんそのほとんどはちょっとした好奇心や悪戯心から、ちょろっとやっちゃった程度のものが多いです。ここまでは近親関係のつまづきのようなものですが問題は二回目以降。どちらかが味を占めてもう一方がそれを受け入れてしまった場合、そこから先はズルズルと男女の肉体関係に進行していきます。

このお話も精神面が弱い息子の窮地を救うために一度だけ身体を許した母親が葛藤の上、二度目の肉体関係を結んでしまうというものです。

75ページ(表紙、奥付各1ページずつ)

エロ漫画人妻 仮想現実に引き籠る息子のリアルセフレになったお母さんの話。

「仮想現実に引き籠る息子のリアルセフレになったお母さんの話。」

コミュ障で外界との接触を一切シャットアウトしている息子とそれに悩む母親の話。

いつものように息子の調子を伺う母親。夫から社会復帰の助けになるかもと仲の良い謎の電気屋さんからもらったVRゴーグルを息子に与えてみる。
VRゴーグルには仮想空間が広がっていて、上手くいけば息子も外の空気に興味を持ち自発的になるのでは?と期待してのことだ。

結果、VRゴーグルは実に効果があった。

息子がもっとも興味を抱いていた異性の身体。つまり母親の盗撮にはもってこいのアイテムだったのだ。VRゴーグルに映し出される風景は仮想現実と信じて疑わない息子は母親の寝室に夜●いをかける。もちろん現実の世界ではないと信じているからできるアブノーマルな行為なのだが、そのVRゴーグルに映っている風景はただの現実の風景。息子は意図せずガチで実の母親に夜●いをかけていたのだ。

結果的にレ●プされてしまった母親は危機感MAX。逆に息子のその勘違い(妄想)に協力し、VRゴーグルに映し出されているであろうママキャラに
なりきって息子を現実の世界に連れ戻すことを決意する。

「いいわ お母さんあんたのセフレになってあげる。現実のお母さんもこれと同じで垂れちゃってるけどね…」

息子の社会復帰を願う母の親心。そこに加わる謎の電気屋の思惑。果たしてお母さんの垂れた肉体で息子を真っ当な世界に導けるのか?

◯コミック80ページ(表紙、奥付は除く)

エロ漫画人妻 初めてのAV妊活 例の「あのお母さん」が息子のアダルトビデオで中出しされて妊娠させられてしまう話。

以前、一部の某所で話題となったあのお母さんのオマージュのオマージュ

あの一部のお母さん好きの間で話題となったコラ画像を復活させたはいとく先生作品のオマージュです。
ストーリーは引き籠り息子が社会復帰をかけて挑んだ就職先がアダルトビデオメーカー。息子の社会復帰に「何でも協力する!」と約束したお母さんは広言どおり、アダルトビデオ作りに協力します。AV女優として…
息子の熱意に負け、様々な性技を受け入れるお母さん。まさか本当にするとは思ってもいなかった生の中出しまで許容してしまった結果!?

「あの!お母さんの詳細」のはいとく先生了承済み作品!

昔懐かし3色刷り風モノクロ52ページ(表紙、奥付各1ページずつ)

エロ漫画人妻 初めての近親相姦 一線を越えて中出し看病をしてくれたママの話。

高熱を出して寝込んでいる息子に、その豊満な肉体で添い寝看病するお母さんの話。

先日より息子は謎の高熱を発して寝込んでいる。安静にしていたせいか症状はずいぶん落ち着いてきていて、母親は少しほっとした。ベッドに寄り添いおでこで熱を測りすりすりと世話を焼く。峠は越えたらしい。

「しばらくは安静にしてなさい 着替え取ってくるから」

そういって部屋を出ていく母親だが、廊下では心底安堵していた。それもそのはず、高熱とともに寝込んだ息子は生死の境をさまようばかり。最近流行りの恐ろしい病なのではと生きた心地がしなかったためだ。大切な我が子を失うことを思えば、これからは何でもしてあげようと誓ったのだ。そして着替えを持って部屋に入るとそこには…

寝込んでいた期間の禁欲生活と先ほど寄り添った母親の女の肉体に耐えられなくなった息子のオナニーと出くわしてしまったのだ。母親の生理中のパンティーをかぶりながらの自慰行為をみつかる息子。

そう。息子の高熱は洗ってもいない母親の生理中のパンティーをかぶり続けてオナニーを続けていたため、衛生上無理もないことだったのである。

泣きながら母親とのセックスを切望していたことを打ち明ける息子とそれが哀れでならない母親。だが常識的に考えて近親相姦を受け入れる訳にはいかない。せめてもの境界線として息子の性処理だけはしてあげた母親だが、性欲に苦しんで眠ることができない息子が哀れでならない。

「あのね…親子でセックスというのはやっぱり駄目なのよ。でもその代わりあなたが寝付くまで添い寝してあげる アンタの気持ちはくんであげるから安心して甘えて」

添い寝というのはもちろん抑えきれない息子の性欲を都度処理してあげるという意味も込められている。服を脱いで息子と裸で抱き合いながら添い寝で看病する母親。せめてもの心遣いとしてローションを使ったり、おっぱいを味合わせたりと徐々にエスカレートしていき、ついには素股まで…

「直接挿入しなければ一線を越えたことにはならない」

そう。本来そのはずだったのだが…

◯コミック71ページ(表紙、奥付は除く)

エロ漫画人妻 息子の授業参観日にヌードデッサンのモデル担当係になったお母さんの話。

息子の通う学校で寄付金免除と引き換えに頼まれたPTAの仕事が授業参観日のヌードデッサンモデルに割り当てられたお母さんの話。

武藤玲子さん(35歳・主婦)からの相談
「今日私は息子の授業参観のために学校にきているのですが、授業参観以外の目的がもう一つあって。
息子の学校の授業料の一部、寄付金を免除してもらうためにイベント時には各保護者はお手伝いをすることになっています。今日の当番は私なのですが、何をやらされるのかと思っていたら人物デッサンの授業のモデルを担当することになっていました。
ただ驚くことに蓋を開けてみると課題はヌードデッサン。散々渋りましたが寄付金を免除してもらっている以上断ることもできず、結局は服を脱いで裸になるしかありませんでした。中央のモデル台で全裸でポーズをとるのですが、教室には見知った顔が多く、息子の友達や近所の団地の知り合い、当然息子も目の前にいます。取るポーズもエスカレートしていって、かなり卑猥なことまで要求されます。

前半:見知った人たちの前で強●ストリップ
中盤:アダルトグッズをつけた状態でのデッサンポーズ
後半:モデル台の上で息子相手に性行為のデッサンポーズ
・などなど

恥ずかしさで辞退したいのですが、その場合寄付金の一括支払いを要求されますし…
どうしたらいいでしょうか?」

先生からの回答は本編をご覧ください。

◯コミック70ページ(表紙、奥付は除く)

エロ漫画人妻 オーガズムの瞬間に母さんとは呼んでほしくないママの話。

木村多恵さん(37歳・主婦)からの相談
「初めてお便りします。私は息子との肉体関係が習慣化している主婦です。
今は後悔してどうしようもなく先生にお便りしました。

私は生まれてこの方、一度もイクとかオーガズムの経験がありません。いわゆる不感症かなとずっとコンプレックスでしたが、幸い一児にも恵まれてそれなりに幸せな家庭を築いているので、そういうものとあきらめていました。
でもある時、受験ノイローゼの息子の強引な挿入を受け入れてしまい一瞬ですが今まで感じたことのない快感を得てしまったんです。

それから近親同士の肉体関係の日々が始まりました。もしかしたら身体の相性が良くて、息子が相手ならオーガズムを得られるかもしれない。息子も私の身体を欲していて、私もコンプレックスが払拭できるかも。受験期間限定なら一石二鳥。近親相姦というタブーを●す価値はあるのでは?そう思ってしまったのです。

結果は予想通り。息子と私(母親)の肉体の相性はバッチリで息子に愛撫されるとズンズンと盛り上がっていく自分がわかります。近親相姦を犯しているという罪悪感さえ背徳感という禁断の果実のように思えてきます。

…ですがそこには思わぬ盲点がありました。それは身体の相性が良すぎて息子と私がイくタイミングが全く同じだということ。そして息子はオーガズムの瞬間に母さんっ!と叫ぶことなのです。その言葉を聞くと絶頂直前の私の身体は一気に我に返り、罪悪感と切なさでいたたまれなくてしまい、しおしお~っと萎えてしまいます。そして我に返った母親のまま、手塩にかけた息子の射精を受け入れ続ける日々が続いているのです。

本来血のつながった息子を相手に萎えてしまうというのは母親なら当然だと思います。だって近親相姦なんですから。許されるはずがありません。受験期間の間は息子とのセックスは母親の義務として日々続けていますが、盛上げるだけ盛上げて、オーガズム直前に突き落とされる。こんな生殺しのような生活何とかなりませんでしょうか?

特に我に返った素の状態で息子の射精を受け続けるのは母親として辛すぎます。息子に悪気はない上にやむを得ない事情ですから文句も言えません。母親の私が悪いのはわかっていますがそこをなんとか。先生のアドバイスを心待ちにしています。」

先生からの回答は本編をご覧ください。

◯コミック70ページ(表紙、奥付は除く)