CATEGORY 隣家の嫁

エロ漫画人妻 隣家の嫁 第3巻 美人過ぎる人妻の危ない性癖

マンションの隣の部屋に住む四十代の主婦、坂下の命令に背いた罰として一糸纏わぬ姿で放置プレイを味わうことになった二十五歳の美人妻、須藤七海。

丸一日、部屋の窓際に緊縛された七海の元に、深夜になってようやく坂下が助けに現れるが、なんとそこには同じフロアに住む芝本という四十代の主婦も一緒だった。

「あぁん、見ないでください・・・」

また新たなご近所さんに痴態を目撃され、激しい羞恥に身悶える七海。
すると、芝本は美人妻の脚元の床に淫らな水溜りができているのを見つける。

「ちょっとヤダぁ、この人アソコをびっしょり濡らしてるじゃない!」

今まで清楚で控えめな女性だとばかり思っていた七海の思わぬ姿に、芝本は驚くと同時に何とも言えない優越感を抱くのだった。

「良かったら、この人の胸揉んでみたら。凄い弾力があって気持ち良いわよ」

坂下が意味深な笑みを浮かべながら芝本にそう囁くと、自分よりも圧倒的に若くて美しい人妻の羞恥に咽ぶ姿に欲情を煽られた芝本は、七海の体に手を伸ばし、興奮した様子でその卑猥な肢体を弄り始める。

「あぁん、やめてください・・・あぁぁん」

同性の繊細な手捌きに緊縛された体を激しく揺らしながら悶える七海。

やがて、ご近所の主婦の手によって果ててしまった哀れな美人妻は、また新たな弱みを坂下達に握られてしまう。

数日後の夜、マンションの集会所で開かれる住民同士の集まりに、七海は坂下の命令であまりに破廉恥極まりない恰好で参加することになった。

住民達の好奇と軽蔑の入り混じった視線が美人妻に注がれる中、集会はある住民の提言によって思わぬ方向へと議論が進み、いつしか美人妻の弾劾裁判へと発展していく。

七海は住民達の前で屈辱の告白を強いられ、ついには大多数の賛成によって懲罰まで受ける羽目になり・・・。

「この度は、私の、ろ、露出癖のせいでマンションに住む皆さんにご迷惑をお掛けし、大変申し訳ありませんでした」

美人妻は震える声でそう言って住民達の前で深々と頭を下げると、彼らのギラギラした視線を一身に浴びながら恥辱の宴会芸を披露しなければならなかった。

第一章 ご近所さんにイカされた人妻

第二章 集会にバスタオル一枚で現れた美人妻

第三章 マンション住民達の前で恥辱に喘ぐ若妻

エロ漫画人妻 隣家の嫁 第4巻 ご近所さん達の前で羞恥宴会芸をさせられた美人妻

隣の部屋に住む四十代の主婦、坂下に脅され、マンションの集会にバスタオル一枚という場違いな恰好で参加することになった七海。

そうして、集会はある住民の思いがけない発言によって、七海にとって最悪の展開を迎えることになり・・・。

他の住民達に迷惑を掛けた罰として、恥辱の宴会芸を披露しなければならなくなった七海は、バスタオル一枚の姿で皆の前に立つと、両手を頭の後ろで組んで住民達の手拍子に合わせて腰を厭らしく左右に振り乱した。

「ほら、もっと腰を大きく振りなさいよ!」
「背筋をピンと伸ばして踊ってちょうだい!」
「須藤さん、そんな恐い顔してないで、もっと楽しそうにやってよ!」
「ほら笑って!」
「そのまま腰を落としてガニ股になって!」
「アハハッ、面白〜い!」
「これじゃあ、ただの変態だわ(笑)」
「美人の奥さんのこんなスケベな踊りが見られるなんて最高だぜ(笑)」

住民達は手拍子を叩きながら美人妻を言葉責めにし、七海はどうしようもない羞恥を堪えて必死に腰を振り続けるしかなかった。

そんな中、七海がガニ股の体勢で腰を前後に振り続けていると、思わぬハプニングが起きる。

なんと、腰を激しく振り続けている内に体に巻き付けられたバスタオルがずれ落ちてしまったのだ。

同じマンションに暮らす住民達の前で一糸纏わぬ姿となった美人妻は、極限の羞恥の中でさらに坂下からリモバイの悪戯までされ、そのまま絶頂してしまう。

「ちょっと、今のってイっちゃったってことよね?」
「うん、『イクぅ』って叫んでいたから絶対そうよ」
「それにしても、見かけによらず随分と凄いイキっぷりだったわね」
「まったく若いと激しいもんだな(笑)」
「こんなの見せられたら、今夜興奮して寝られないぜ(笑)」

住民達は皆興奮した様子で、恍惚とした表情を浮かべる美人妻を眺め、やがて七海が快感の余韻から目覚めると恥辱の宴会芸を強引に再開させる。

みんなどうしてそんなに私の事を苛めるの、そんなに私の裸踊りが見たいの・・・。

七海は悲嘆に暮れながらも、同じマンションに暮らす住民達に一糸纏わぬ姿を晒し、腰を振り続けるしかなかった。

第一章 卑猥な踊りを披露する若妻

第二章 美人妻を襲う羞恥のハプニング

第三章 ご近所さん達の前で無間地獄に堕ちた美人妻

エロ漫画人妻 隣家の嫁 第5巻 美人妻の卑猥なヌードポーズ 前編

マンションの集会で大勢のご近所さん達が見つめる中、一糸纏わぬ姿となり、痴態の限りを披露した美人妻の七海。

家に戻った七海は、これからこのマンションでどんな顔して生きていけば良いのかも分からず不安と羞恥に打ち拉がれていた。

すると翌朝、隣に住む主婦の坂下が七海の家を訪ねてくる。
七海の恥ずかしい弱みを握り、昨夜の恥辱劇の首謀者でもある坂下は、七海をご近所さん達全員の奴●にするべく、若妻のヌード撮影会を企画し、七海に午後に自分の家に来るよう命じる。

昨夜の悪夢が未だ覚めやらぬ中、七海は仕方なく覚悟を決めて、命令通り一糸纏わぬ姿で隣の坂下の家を訪ねた。

坂下の家の中に入ると、なんとそこには同じマンションに住む二十人近いご近所の主婦達が集まっており、一糸纏わぬ姿の美人妻が現れると、彼女達は目をギラギラと輝かせ、その体を舐め回すように見つめた。

「まぁ、本当にスッポンポンで来たの。やっぱり須藤さんて本物の露出狂なのね」
「昼間から素っ裸でウロウロするなんて、最近の若い人は何を考えているんだか。でも、せっかくだから今日はその体を良く見せてちょうだい!」
「昨日もビックリしたけど、須藤さんて滅茶苦茶スケベな体しているわねぇ。これじゃあ撮影のし甲斐があるわ」
ご近所さん達はすっかり興奮した様子で七海にスマホを向けると、美人妻のヌードを目を血走らせながら撮影し始めた。
「須藤さん、とりあえず両手を頭の後ろで組んで、その大きなオッパイを良く見せてちょうだい!」
「須藤さん、そんな恐い顔してないで笑ってくれる」
「須藤さん、今度は昨日集会所で見せてくれたガニ股ポーズをお願いできるかしら」
「須藤さん、次はお尻を突き出して後ろを振り返ってピースサインをしてくれるかしら」
「須藤さん、お尻の穴が良く見えないから、ピースサインを止めて、両手でお尻の割れ目を開いてくださるかしら」

ご近所の主婦達は次々と美人妻に卑猥なポーズをリクエストし、七海は恥辱に喘ぎながらもそれら一つ一つに誠実に応えていった。

そうして、美人妻の様々なヌードポーズを全員が一通り撮り終えると、撮影会の主催者である坂下は、七海に一糸纏わぬ姿のままベランダに出るよう命じ、哀れな若妻はついに極限の羞恥地獄に堕ちていくのだった。

第一章 白昼のヌード撮影会

第二章 屈辱のポーズを披露する美人妻

第三章 ベランダに放置された若妻

エロ漫画人妻 隣家の嫁 第6巻 美人妻の卑猥なヌードポーズ 後編

マンションの隣の部屋に住む主婦の坂下に脅され、ヌード撮影会のモデルを務めることになった七海は、集まったご近所の主婦達の前で次々と卑猥なポーズを披露させられることになった。

そうして、撮影が一段落すると、撮影会の主宰者である坂下は、なんと七海に一糸纏わぬ姿のままベランダに出るよう命じたのだった。

羞恥に全身を震わせながら仕方なくベランダに出た七海は、そこで再び恥辱のポーズを披露させられ、マンションの外の通りを歩く通行人にその破廉恥な姿を目撃されてしまう。

慌てた七海はすぐに部屋の中に戻ろうとするが、窓はいつの間にか鍵を掛けて閉められており、七海は白昼のベランダに素っ裸のまま放置される。

すると、坂下は部屋の中から一枚のメモを七海に見せたのだった。メモにはあまりに屈辱的な命令が記されており、白昼のベランダで途方に暮れる七海。

分かったわよ、やればいいんでしょ・・・。

やがて七海は心の中で必死に強がると、外を向いて自らの手で秘部を弄り始めたのだった。

「まさか本当にお外でオ○ニーするなんて、幾ら何でも変態過ぎよね」
「同じマンションにこんな淫乱な女が住んでいるのかと思うと、なんだか嘆かわしいわ」
「それにしても、ここまでやるなんて、よっぽど欲求不満なのね」

部屋の中から様子を窺っているご近所の主婦達は皆呆れた表情で美人妻の痴態を眺めた。

「ちょっとあの人、あそこでオ○ニーしているんじゃない」
「ヤダぁ、信じられない。よくあんなマネができるわねぇ。絶対変態よ」
「この動画ネットに上げちゃおうかなぁ」

通りに立っている野次馬達も同じように呆れた様子で七海のいるベランダを見上げていた。

暫くして、マンションの外の通りにいる通行人や部屋の中から鑑賞しているご近所さん達の前で絶頂する美人妻。しかし、これで七海の羞恥地獄が終わったわけではなかった。

七海が快感の余韻から目覚めると、部屋の中にいる坂下は美人妻に対しさらに過酷な命令を突きつけ、白昼のマンションのベランダに放置された哀れな美人妻は、どうしようもない屈辱に人としての尊厳さえ奪われていくのだった。

第一章 白昼のベランダでHなマネする若妻

第二章 人妻の大胆過ぎる破廉恥行為

第三章 ご近所さん達に配布された美人妻の写真集